通信制高校でかかる学費とは

高校に行きたくても行けない人には便利な制度

高校に行きたくても行けない人には便利な制度 : きちんとしたサポートを受けたいという場合には、私立の方が向いています : サポート校を利用することによって卒業率を高くすることができます

通常の全日制の高校に馴染めない、家庭の事情から全日制高校に行けない、社会人でも改めて高校の勉強をしたいという人にオススメなのが通信制高校です。
通信制高校は文字通り、通信制の勉強を行いながら高校卒業を目指せる学校になります。
高校に行きたくても行けない人には便利な制度となっていますが、入学したいと考える人にとっては仕組みや雰囲気以外にも、やはり学費が気になるポイントと言えます。
通信制高校といっても公立と私立があります。
それによって学費は大きく異なる上、場合によっては高等学校等就学支援金の支給を受けることができれば、費用は安く抑えることも可能です。
なるべく安く高校に行き、費用を安く抑えたいという場合にはやはり公立の方が安くなります。
公立の場合、入学金や授業料などを合わせても10万円程度で卒業することができるようになっています。
受講料は1単位につき180円?1200円程度になります。
それが必須単位数として74単位必要ですので、180円?1200円×74単位=13320円?88800円ほど必要です。
単位だけ見れば10万円程度で勉強することができるようになっているのです。
それに加えて入学金、教科書や学習書、教育運営費、施設整備費などが加算されるため、もう少し費用が上乗せされます。
一般的には入学金に500円、教科書などの費用に年間3万円ほどかかります。
公立の通信制高校は安いというメリットがありますが、各都道府県に1?2校しかなく、入学時期が定められていて勉強のサポートが少ない、インターネット経由でレポートを提出できないなどの不便な点もあるため注意が必要です。

勉強垢始めました✐☡

✧ 通信制高校1年生

✧ 全教科苦手🌀

✧ お勉強教えてください(;-;)#勉強垢いいねした人全員フォロー #勉強垢さんとつながりたい #勉強垢さんと一緒に頑張りたい

— あ@勉強垢 (@study__a178) 2019年9月3日