通信制高校でかかる学費とは

サポート校を利用することによって卒業率を高くすることができます

通信制の高校だけで卒業することが難しいという場合にはサポート校なども利用することができます。
通信制の高校のサポート校でかかる学費は登校日数・コース・設備によって大きく異なります。
私立の通信制とサポート校を両方利用する場合には、両方に費用が必要となってくるため、通信制のみに在籍しているという人よりも学費の負担は大きくなります。
ただし、サポート校を利用することで、通信制高校に提出するレポートや認定試験の対策を行ってもらうことができたり、スクーリングするときのポイントなどのサポートをしてもらうことができることが可能となっています。
自力で学習することが難しいという人は、サポート校を利用することによって卒業率を高くすることができます。
また、世帯収入によっては修学支援として就学支援金を最大1単位4812円をもらうこともできるようになっていて公立の場合、利用することによって単位取得の費用を無料にすることが可能です。
また、私立の通信制であっても20万円程度は支援してもらうことができ、学費を抑えられます。
就学支援金を利用しても費用が足りないという場合には、学校では特待生枠などを利用することができます。
奨学金を利用することも可能となっており、利用することで学校にかかる費用の悩みを解消できるケースもあります。
奨学金の場合は、日本学生支援機構や学校の加入している基金などに審査を依頼して、審査に合格したら利用することができます。
ただし、奨学金には返済義務や利子もついてくるため、借りる前に返済できるのかなどを考慮してから利用することが大切です。
通信制の高校は、公立か私立かによって大きく必要な費用は変わってきます。
確かに安いことは重要ですが、きちんと勉強を進められるか、卒業できるかを考えてから学校選びを行います。

高校に行きたくても行けない人には便利な制度 : きちんとしたサポートを受けたいという場合には、私立の方が向いています : サポート校を利用することによって卒業率を高くすることができます

通信制高校 | 通信制高校の勇志国際高等学校